人気ブログランキング |

NYの小さな灯り ~ヘアメイク日記~


NY在住のヘアメイク、兼一児の母の日記。ビューティ情報や日々の徒然をお届けします。
by fiammany
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

クリスマスツリーの末路

クリスマス~ニューイヤーと続いたホリデーも終焉を向かえ、NYはすっかり通常の生活を取り戻しています。

年末の大雪がやっと殆ど融けてきたせいか、ここ数日は歩道にものすごい量のゴミ袋が出されています。
ゴミ袋の中身が見えるのですが、クリスマスプレゼントであろうおもちゃの箱や紙袋、包装紙等が沢山入っています。
その横にゴロッと横たわっているクリスマスツリー達。ホリデー中のお役目が終わり、ゴミに出されています。
街を歩くと、そこかしこにゴロゴロとツリーが捨てられているのですが、これらのツリー達、まだしっかりしていて、捨てるにはちょっと可哀相。
b0209691_23515065.jpg
b0209691_23522887.jpg
b0209691_23525676.jpg
b0209691_23533127.jpg

でもこのツリー達、実はちゃんとリサイクルされるそうです。細かく砕かれチップ状に加工され、土が硬くなるのを防いだり、雑草の繁殖を抑えるための肥料として生まれ変わり、公園や花壇などに蒔かれるそうです。

それを聞いて安心してツリーを買えるようになったのですが・・・これがなかなか捨てられません(笑)。
だってまだまだ全然元気ですし、良い香りが漂っていますし。未だにうちはクリスマス状態です(笑)。

日本の門松のように、松の内に片付けるとか決まっていれば気が楽なのですが、決まっていないので(もしかして私が知らないだけかもしれません。ご存知の方がいらしたら是非教えて下さい!)ついついずっと飾ってしまっています。

あのロックフェラーセンターのクリスマスツリーも1月7日あたりに片付けられるので、とりあえず今週いっぱいはうちも飾っておこうかな。

ロックフェラーセンターの木といえば、それこそ何十年もの期間をかけて成長した木をたった1ヶ月ちょっとの為に伐採してしまうんですから、私がオーナーだったらどれだけ寂しいかと思いますが、どうやらこちらの方達はそういう風には思わないようです。
ロックフェラーセンターの木に選ばれるという事はとても名誉な事で、それこそファミリーやその地域で語り継がれる事のようです。
そして木の伐採も、木に敬意を表して機械は使わず、木こりさんが数人がかりで何時間もかけて斧で伐採すると聞きました。

こんな記事を見つけました。2008年に選ばれた木のお話です。
「2008年のツリーに選ばれたのは、樹齢80年を超えたドイツトウヒ。高さ72フィート(約22メートル)。重さ約8トン。
これは11月3日にニュージャージー州のハミルトンで伐採され、ロックフェラーセンターへと運ばれた。
今年のクリスマスツリーとして伐採された木は、ハンガリー移民メリー・ヴァラニャックさんが1931年に当時の仕事の上役からプレゼントされ、自宅の庭に植えられたものだったそうだ。
木は見事な成長を見せ、その木を見ながら彼女はいつかこの木がロックフェラーセンターのクリスマスツリーになるに違いない、と家族や周囲の人たちに語っていたのだという。
メリー・ヴァラニャックさんは2000年に99歳で亡くなった。。。
ロックフェラーセンターに姿を現したヴァラニャックさんのドイツトウヒ。
彼女はきっとその成長を褒め、喜びながら共に過ごしたのではないか。応えて、ぐんぐんと空に向かい伸びていった木。
その木が見下ろすそこに共に過ごした懐かしい人はいない…
その人の誇りや希望や願いを聞き続けていたに違いない一本の木は、期待に応えるべく今年、新しい人たちを喜ばせる役割を担う。」

このニュースをリアルタイムで聞いていましたが、このヴァラニャックさんのお孫さんが、「祖母が生きているうちに選ばれて欲しかった。きっと祖母も天国で喜んでいるに違いない。」というようなコメントをしていたのを覚えています。
一本の木にもドラマがあるんですね~~。

ちなみにこれは今年のロックフェラーのクリスマスツリー。この木にはどんなドラマがあったのでしょう?
b0209691_23541466.jpg

私にも木にまつわる思い出があります。
子供の頃から実家にあった柿の木。やはり祖母が接木して育てた柿ノ木で、よく登ったり甘く実った実を食べていましたが、訳あって私が20歳位の時に伐採される事になった時、大泣きした覚えがあります。当時祖母は他界していたので、おばあちゃんの柿の木が切られることがとても悲しかったのです。未だに甘い柿の味が忘れられません。
それだけ木ってその家族には大切な存在のはずです。だって生き物ですもんね。だから買ってきたクリスマスツリーでさえなかなか捨てられないんです・・・。

いつか一軒家でも買ったら、お庭にクリスマスツリーを植えて、毎年オーナメントを飾り、家族の木として大切に育てていきたいものです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
by fiammany | 2011-01-06 23:57 | 日々の徒然 | Comments(6)
Commented by ゆか at 2011-01-07 04:43 x
うちもクリスマスツリーまだ飾ったままだわぁ(´Д`)

って言うか今年は先日の吹雪でサイドウォークのごみがまだ回収されてないじゃない、そこにさらに木を出したりしたら歩く場所がなくなっちゃうよね。

ちなみにうちの父が弟が生まれた時庭にスギの木を植えたのだけど今じゃ立派な大木に育ってるよ。

お家を買ったら木を植えるってよくある話なのかな。
木にはいろいろなドラマがあるものなのね。
Commented by みか at 2011-01-07 07:26 x
私もこのツリーが捨てられている光景に胸を痛めつつ、
写真撮っていました。笑
リサイクルされるとは分かっていても、リサイクルに行くまでに
もう少し飾っておいてあげたいなーという元気な木ばかりですよねー。

さて、今年のロックフェラーのツリーですが、
確か木を寄贈した御家族が点灯式典でのテレビ中継に出ていましたよね。
樹齢75年と話していたような・・・。
若いファミリーだったので、やはりおじいちゃんかおばあちゃんの
思い出がある木なのかな?と勝手に思っていました。

確かに、ロックフェラーに飾られれば何十万人の観光客に
喜ばれるし、名誉なことなのかもしれません・。

ちなみに我が家もまだツリーが出ています・・・。
Commented by Maki at 2011-01-07 09:36 x
遅くなりましたが、あけましておめでとうございます^^
今年も楽しみに読ませていただきますね。

我が家もまだまだツリーは健在。オーナメントをしまうのも、一苦労と思ってしまい、そのまま飾ってます。

うちの地域では、悪天候になると、よく大木が倒れるのですが
倒れた大木もリサイクルです。その場で切り刻み、荷台が大型カッターになっているトラックがやってきて、その場でチップにしていきます。なかなか圧巻です。 形状をみると、たぶん、プレイグラウンドのチップになるんじゃないのかなと思われます。

樹齢数十年の大木も、まだまだ働くんですね。
大量消費、大量廃棄のこの国でも、いいお話があるんだと思いました。


Commented by fiammany at 2011-01-08 14:41
ゆかさん、コメント有難う!ゆかさん家もまだ飾っているんですね。安心しました!
ほんと、まだゴミ回収されないね。衛生局、相当バッシングされてますね~。
ゆかさんファミリーにも素敵な木のストーリーがあるんですね!うちも一軒家だったら坊が生まれた時になんか美味しい実がなる木でも植えたかったわ(笑)。
Commented by fiammany at 2011-01-08 14:49
みかさん、コメント有難うございます。
みかさんも同じ事思っていたんですねぇ~~。なんか元気な木を捨てるのって、心が痛みますよねーー。
今年のロックフェラーの木のオーナー、TVに出ていたんですか。
見てみたかったなぁ。きっとドラマのある木なんでしょうね。
ふふふ、みかさん宅のツリーもまだ出ているのですね。あぁ、安心。
Commented by fiammany at 2011-01-08 15:02
Makiさん、明けましておめでとうございます!本年もどうぞよろしくお願い致します。
Makiさん宅のツリーもご健在ですか。オーナメント、飾るのは楽しいけれど、しまうのは一苦労ですよねーー。わかります。
確かにそちらの方だと、悪天候で大木が倒れそうですね。というか、そういう映像、よくTVで見かけます。
なんと、その場でチップにするカッターが付いてるトラックなんてものが存在するんですね~~!見てみたいです!
確かに木だけは、こちらの方も大切にしますね~。良い事です。
お問い合わせ
ヘアメイク、メイクレッスン、セルフエクステスク-ル、及び
デコルテケアのお問い合わせ、ご依頼は下記まで宜しくお願い致します。

info@fiammany.com

また、サイトも開設しておりますので、是非お立ち寄り下さい。

www.fiammany.com

カテゴリ
最新の記事
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
最新のコメント
or3080さま こち..
by fiammany at 09:55
先日はありがとうございま..
by or3080 at 23:21
佐藤大さん! わざわざ..
by fiammany at 14:21
素敵な写真に、素敵な文章..
by 佐藤大 at 19:05
Mさん!その節は本当に素..
by fiammany at 17:05
ヒロコさん、素敵な誕生会..
by M at 23:55
sae様 コメントどう..
by fiammany at 14:31
じゅりさん、 いつでも..
by fiammany at 17:25
そのテキトーな世界に戻り..
by じゅり at 13:25
Thierry ATLA..
by fiammany at 16:58
記事ランキング
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusgo..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
メイクアップ 最新情報 ..
from 知識陣 ビューティー
エディ・マーフィ&ベン・..
from 映画予告編ブログ
Elizabeth Ta..
from Anything Story
フォロー中のブログ
外部リンク
タグ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
画像一覧